はじめ院長の与太話

はじめ院長の与太話 はじめ院長の与太話

当院の院長平山はじめは、獣医師だったり、鍼灸師だったり、武術やゆる体操の稽古歴が長かったり、海外で暮らしていたこともあったり、突発性難聴や遅発性尺骨神経麻痺をやっていたり。

はじめ院長
はじめ院長

経験だけは人一倍豊富です(笑)

そんな経験に関係しているような、していないようなお話を書いているカテゴリです。

体と動きが変わる健康づくり

技術としての合気柔術の核心~31年の稽古で到達した習得の秘訣

『合気の基本』とは何か。それだけを求めて稽古し続けて31年。新しい気づきがあればガラッと変わる可能性もありますが、今の自分が納得している稽古の考え方について、まとめておくことにしました。何かの参考になれば嬉しいです!
体と動きが変わる健康づくり

ゆる体操は胡散臭い?身体意識を理解する2つの方法(後編)

ゆる体操や身体意識を理解するには体で実感するのが正攻法。しかし後編では、身体意識を理解する正攻法ではない方法として言語化や認識の共有化をキーワードにして解説!私自身がゆる体操や身体意識を胡散臭いとからこそお話しできる内容です!
体と動きが変わる健康づくり

ゆる体操は胡散臭い?身体意識を理解する2つの方法(前編)

ゆる体操を始めた当時、私自身半信半疑でした。しかし私にとって幸いだったのは、ゆる体操に出会う前の2つの体験でした。その2つの体験談を基に、私見ながら前編ではゆる体操や身体意識を理解するための正攻法についてお話ししています!
体と動きが変わる健康づくり

合気道がヤラセだったら気づけなかった大切なこと

不真面目に稽古に出ていた院長が、楽しく真面目に稽古にのめり込むようになったきっかけのお話です。
体と動きが変わる健康づくり

合気の核心を理解する―立ち方・歩き方という基本動作の重要性

武術の上達を目指すなら基本動作の探求がおすすめ!「自然体」や「歩く姿が武である」という言葉から、姿勢や立ち方、歩き方の重要性を解説!初心者でも役立つ武術の基礎知識を提供します。自分の体と向き合い、武術を通じて身体的な成長を目指しましょう!
上半身

35年かけた実験結果!健康とセルフケアの知られざる真実!

院長平山はじめは35年間肩周りのケアを続けてきました。それなのに今肩の痛みに悩まされています。長年セルフケアを続けてきたからこそ語ることができる身体や健康のことを初公開しちゃいます!
上半身

許せたことで改善した背中の違和感

今回は気持ちの持ちようで体の違和感が変化した私自身の経験です。ココロと体。やはり関係があるのだなと実感した一件です。
体と動きが変わる健康づくり

自由の森学園の公開研2018に行ってきました!


当院をもっと深く知るために

しなやかで快適な体軸を七世代先へ

院長平山はじめにはビジョンがあります。夢、大風呂敷と言い換えてもいいかも知れません。自分の身体と対話することは、私にとってはこれ以上ない楽しみの一つです。先端技術が加速度的に進化していくこの世の中、この楽しみがどんどん減っています。だから。
東洋医学

院長平山はじめのプロフィール|獣医師が鍼灸師になったワケ

はじめ鍼灸整骨院の院長平山はじめは5つの国家資格を持ち、人とペットに施術する鍼灸師。更に35年以上のトレーニング経験も活かして身体に向き合う気づきをお伝えするトータルボディマスターとしても活動中。獣医師だった院長が鍼灸師になったワケを大公開!