インフルエンザ

はじめ院長の与太話

判断材料にするためのワクチン接種後の副反応発生の確率

鍼灸整骨院である当院では患者さんから新型コロナワクチンを打つべきか質問を受けることがあります。しかし大事なことは打つ打たないを自分で決めること。そこで判断材料として、副反応の発生率を計算してみました。
2022.04.16
タイトルとURLをコピーしました