獣医師なのに東洋医学と身体を探求する鍼灸師

この記事は約10分で読めます。
プロフィール画像

はじめ院長のプロフィール

はじめ院長
はじめ院長

はじめ鍼灸整骨院院長平山はじめのプロフィールです!

ご覧いただきありがとうございます!

基本情報
  • はじめ鍼灸整骨院院長
  • たいせつ動物病院東洋医療科科長
  • ゆるふわ身体づくりの会主宰
仕事内容
  • 鍼灸マッサージ・柔道整復の施術
  • 体操やセルフケアの指導
  • 動物(犬猫メイン)への鍼灸治療
国家資格
  • 鍼灸マッサージ師
  • 柔道整復師
  • 獣医師(というか動物鍼灸師)
学会など
  • 経絡治療学会
  • 天地人治療会
  • 全日本鍼灸学会

経歴

  • 私立自由の森学園卒業
  • 帯広畜産大学獣医学科卒業
  • 青年海外協力隊(ネパール、平成12年2次隊)
  • 花田学園日本鍼灸理療専門学校卒業
  • 花田学園日本柔道整復専門学校卒業

ストーリー

獣医師だった私がなぜ鍼灸師をしているのか?

はじめ先生!

なぜ先生は獣医師なのに鍼灸師をしているのですか?

はじめ院長
はじめ院長

それは鍼灸師が天職だと感じているからなんだ。

自分ではね(笑)

獣医師ではなぜダメだったんですか?

はじめ院長
はじめ院長

いや、今でも動物さんに鍼灸治療はしているけどね(笑)

そんなに気になるなら少しお話ししてみましょうか。

 
私が獣医学の学生だった時、合気道(合気柔術)を始めました。みなさんは合気道という武道の名前を聞いたことはありますか?
 

合気道ですか?

名前くらいは聞いたことあるけど…

 
合気道というのはガムシャラに鍛えた強い筋力がなくても闘える武術です。これは筋力が不要ということではなくて、体を感じながら必要な時に必要な分だけ理にかなった形で筋力を利用するということです。
 
稽古を続けていく中で、自分には自分自身を制限している無駄な筋力が存在していることに気がつきました。これでは理にかなった動きができる訳はありません。自分はまだまだそれらの無駄な力を削ぎ落とす形での身体づくりが必要だったんです。そのためのツールとして出会ったのがゆる体操でした。
 

東洋医学を学ぶ前から合気道やゆる体操をやっていたんですね!

はじめ院長
はじめ院長

そうなんだ。

そして合気道とゆる体操が道を踏み外す原因となったんだ(笑)

 
ゆる体操は体をリラックスさせ、バランスを整えるためにとても有効なトレーニング法です。自分にとってとても有意義な方法だったのですが一つ難点がありました。リラックスさせた体を使いこなせるようになるためには相応の時間がかかるということです。
 
私はもともと器用な方ではありませんので、なおさらでした。
 
はじめ院長
はじめ院長

自分が生きてきた時間の長さだけヨロイのように無駄な筋力を着けてきたんだから、その力を抜くために時間がかかるのは当たり前だよね。

 
なので、一時は体をリラックスさせるという意味では上達していても、合気道のパフォーマンスとしては低下する時期もありました。
 
はじめ院長
はじめ院長

でもそれは今思えば、身体づくりの時期として絶対に必要な時間だったんです。

 
体のリラックスがある程度上達してくると、しっかりした、もしくはガシッと体を固めるような身体の使い方はできなくなってきます。フワフワと頼りないような身体の使い方になってくるのです。少なくとも私が合気道で求められていると感じているのはこのような柔らかい体です。
 
ここで分かりやすくしっかり体を固めて動かす体を粘土の体、柔らかい体の使い方を液体の体としてみましょう。
 

液体の体に適した施術とは?

はじめ院長
はじめ院長

粘土で何かを作るときにはどのように作りますか?

こねて形を作ったり、くっつけたり、剥いだり、切り取ったり。。。

はじめ院長
はじめ院長

粘土の体を持っている人の治療や施術に対する考え方というのは正にそういうことなんですよ。

どういうことですか?

 
例えば、切り取ったり剥いだりというのはそのまま外科手術的な考え方に通じます。他にも「何か体にいいものを摂らないと」と言って飲むサプリなども同様ですね。
 
粘土の体を持っていると、自分の体をこねたりして形を整えると体調不良が改善するという発想になります。それを「整体」と言います。
 

え?! 整体というのは粘土の体の発想なんですか?

はじめ院長
はじめ院長

発想の根本としてはね。私はそう捉えているよ。

これは液体の体で整体をおこなう可能性を否定するものではありません。そもそもの発想がそういうものだということです。

一方で液体の体だとどういうことになるか考えてみましょう。理想的な液体の体では筋肉や骨、内臓も含めていつもふわふわトロトロ動いているということになります。

 

はじめ院長
はじめ院長

当たり前だけど、お風呂の中でお湯の形を整えようと思ってもどうにもならないでしょう?

なるほど。すると液体の体に対して調整することは難しそうですね。

はじめ院長
はじめ院長

ところが、体が流れることを前提とした調整法があったんですよ。

え?!

本当ですか?!知りたいです!!

はじめ院長
はじめ院長

それが鍼灸だったんです。

いろいろな考え方の鍼灸がありますが、当院でおこなわれている経絡治療天地人治療では経絡(けいらく)、つまり体の流れというものを前提にして施術がおこなわれます。「流れる体」。これはすなわち「液体の体」のことに他なりません。

 

はじめ院長
はじめ院長

もしかしたら他にもあるかも知れないけど、伝統的なやり方に基づいておこなわれているという意味でも魅力を感じたから私は鍼灸を選んだんですよ。

なるほど〜!

セルフケアから始まる健康づくりのサイクル!

これらの話と先生が提唱されている健康づくりのサイクルはどこかで繋がってくるんですか?

はじめ院長
はじめ院長

もちろん! ゆる体操をはじめ、操体法などをやっていると体はリラックスしてふわふわトロトロになってくる。そうなると筋肉や血流はどうなると思う?

あ! 肩こりとか少なくなって、血の巡りも良くなりそう!

はじめ院長
はじめ院長

そういうこと。簡単に言えばセルフケアをやっているとケガや病気になりにくくなるし、軽い不調ならセルフケアをしているだけで調整できてしまうものなんだ。

セルフケアってすごい!

でもそうなったら鍼灸受けにくる患者さん少なくなっちゃわないですか?

はじめ院長
はじめ院長

あはは! そうかも知れないね。

でもそれが本筋だと思うんだよ(笑)

健康な時はセルフケアをやっていて、いつもよりセルフケアの調子が少し悪いすなわち未病の段階で早めに調整して、それでも調子が悪い時にはしっかり調整する。それがはじめ鍼灸整骨院が提唱する温故知新の健康維持のカタチ、「健康づくりのサイクル」です。

 

はじめ院長
はじめ院長

でも問題もあるんだ。

何ですか?

はじめ院長
はじめ院長

以前から施術の時にリハビリとして体操を指導していたんだけど、ちゃんとやってくれる患者さんの方が少なかったんだ。

やれば楽になると分かっているのに何故やらないんですか?

はじめ院長
はじめ院長

お二人はやれば体が楽になると分かっているとして、毎日体操を続けられますか?(笑)

う! それを言われると(苦笑)

はじめ院長
はじめ院長

改めて考えれば、自宅でセルフケアを続けられない理由はいくつか思いつきます。

  1. セルフケアが必要な理由が腑に落ちていない
  2. 多忙でセルフケアをしている時間がない
  3. 自宅や一人だと別のことをしてしまう
  4. セルフケアを覚えるのが難しい
はじめ院長
はじめ院長

私だって気持ちは分かりますしね。

なので時間を作って、来ればセルフケアをおこなえる場を作ることにしたんです。

それがゆるふわ身体づくりの会ですね!

はじめ院長
はじめ院長

普通の筋トレやストレッチとは一味も二味も違う、体をゆるめる身体づくりというのはなかなかないですからね。やれば健康に良いのは経験上分かってますし、しかも合気道だけでなく他のスポーツや部活などの基礎づくりとしても役に立ちますし。

さらにゆる体操がオープン化されたこともあって、みなさんにお伝えし始めようと思ったんですよ。

ここまでくると、なぜ先生が鍼灸やセルフケアを大切にされているのか分かってきますね。

ところで先生は合気道の稽古やセルフケアをいつから続けてるんですか?

はじめ院長
はじめ院長

う〜ん、ストレッチを始めたのが高1の時だから30年くらい前かな。

合気道やゆる体操の独り稽古も25年くらいになるね。

え? 高1の時から1日も休んでないんですか?

先生! セルフケアを続けられない人の気持ちが本当に分かってますか?

はじめ院長
はじめ院長

私だって「今日は面倒くさいな」と思う日はありますからね(笑)

身体から始める文化と未来の創造

卵

今後の展望とかはあるんですか?

はじめ院長
はじめ院長

人や社会にもっとやさしく、もっとワクワクする社会になればいいなと考えているよ。

それと東洋医学やセルフケアと何か関係が……

あるんですね? きっと。

はじめ院長
はじめ院長

私のやってきた稽古は体をリラックスさせながらバランスを整えていく方法です。ちょっと例え話をしてみましょう。

卵やお皿が硬い床に落ちたら割れますね。でも下に中綿の入った座布団が敷いてあればお皿も割れずに済んだかもしれません。

 

はじめ院長
はじめ院長

実はこれ人でも同じです。

 
かたく緊張した身体を持っている人はどうしても周囲とぶつかりがちになってしまうのです。でもやわらかくゆるんだ身体を持っている人はぶつかりそうな時でもやさしく受け止めたり受け流したりしやすくなるものです。
 
健康面でも同じように考えることができます。かたく絞ったタオルはそれ以上水を吸い込むことができません。身体だって同じです。かたく緊張した体内だと血流が悪くなってしまうのです。逆に体がリラックスすれば血液はスムーズに流れやすくなります。
 
はじめ院長
はじめ院長

このように考えるとちょっと分かりやすいかなと思うのですが

いかがですか?

はい! 分かりやすいです!

つまり身体がリラックスして良い意味でバランスが取れていれば健康にも良いし、周囲の人にも一本スジを通しながらもやさしく接しやすい

 

はじめ院長
はじめ院長

これってとても素敵なことだと思うんですよ。

 
だって身体を固めないでゆるめていけば、健康になってコミュニケーションも円滑に回るというんですから。
 
もちろん上手くいかない時だってあるでしょうけど、そういうゆるんでバランスのとれた身体、柔らかく懐の深い身体を持っている仲間が増えて欲しいなあと思います。
 
ゆる体操はそのためにとても有効なツールです。東洋医学操体法はそんな健康づくりや身体づくりを脇から支えてくれるサポート役です。
 
さらに言えば、そういう人がもっともっと増えたら、今よりずっとやさしくワクワクできる未来が待っていそうじゃないですか!
 
はじめ院長
はじめ院長

でもね、こんなこと、とてもじゃありませんが私一人ではできません。

仲間が必要なんです。

 
自分の健康や身体のことを考えていった先に、他者とのコミュニケーションまで変わってくる。それを新しい文化の創造と言い換えることもできるでしょう。
 
同じように考えてくれる仲間が少しずつでも増えていったら、、、
 
はじめ院長
はじめ院長

それでも何も変わらないかも知れないですけど、

何かが変わる可能性だってゼロじゃない!

 
そんな仲間に出会えることを夢見たからこそ私は『ゆるふわ身体づくりの会』でゆる体操や操体法を中心にセルフケアを伝えることを始め、セルフケアや未病の調整を含む鍼灸整骨院のあり方へと考え方を進めることができたのです。
 

人に、身体にやさしく、もっとワクワクするような未来。

そんな未来がいつか本当に訪れてくれるでしょうか?

はじめ院長
はじめ院長

どうでしょうね(笑)

でも初めの一歩を踏み出せば何かが変わることもきっとある!

と信じていますよ。

 
一歩一歩を積み重ねていけば、いつかどこかにたどり着くこともあるでしょう。
 
やさしくワクワクするような社会や未来を目指すためのアプローチはいろいろ考えられるかも知れません。でも、ゆるふわ身体づくりの会では身体が出発点です。
 
はじめ院長
はじめ院長

私にとっては身体が基本です。

健康や身体をおろそかにしては何もできないですからね。

身体が資本!

はじめ院長
はじめ院長

そういうこと。身体ができてくれば何でもスタートできます!

それに風呂敷を広げるなら大きい方が面白いでしょ?

確かに(笑)

だから私は未来と仲間を信じて、でも焦ることなく今日も次の一歩を踏み出したいと思うのです。

 

はじめ院長
はじめ院長

なんかプロフィールっぽくないけど、ここまでにしましょう!(笑)

長文をお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました